Menu

イベント

LINK-Jシンポジウム「がん医療のイノベーション」

申請中チラシ0423_ページ_1.png クリックするとPDFが開きます

日本人の二人に一人が「がん」になるといわれる現在において、がん医療の進展に対する期待が高まっています。
今回のLINK-Jシンポジウムでは「がん医療のイノベーション」に焦点を当て、遺伝子解析など最新の検査によるがんの診断、臨床現場の新しい治療の形、細胞治療薬、国としての考えなど、「がん医療」を取り巻く最新の研究及び実用化の状況について各方面をリードされているアカデミアや産業界の方々を演者としてお招きし、最前線の動向と展望について議論をお届けします。


日時:2019年6月10日(月)11:00~19:30

会場:日本橋三井ホール(COREDO室町1)5F(エントランス4F)


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

※当日、Youtubeチャンネルにて当日の様子をライブ配信いたします。シンポジウムのご参加に関しまして、大変ご好評を頂き、ご予約は満席となっております。(ご登壇者の都合により一部の講演につきまして、映像をご覧いただけない箇所がございます。何卒ご了承ください)

ライブ配信サイト(Youtube) https://youtu.be/fEfK67Km6JI

プログラム

時間 内容
挨拶
11:00 岡野栄之(LINK-J 理事長/慶應義塾大学大学院医学研究科 委員長/慶應義塾大学医学部生理学教室 教授)
11:05 藤原康弘(医薬品医療機器総合機構(PMDA)理事長)
基調講演
11:15~12:00 プレシジョンメディシン:世界と日本
間野博行(国立がん研究センター理事・研究所所長、がんゲノム情報管理センター長)
12:00~13:00 休憩(軽食をご用意しております)
講演
13:00~13:20 「マイクロRNA診断とエクソソーム治療の最前線」
落谷孝広(東京医科大学医学総合研究所 分子細胞治療研究部門教授)
13:20~13:40 「がんゲノム医療の今後の展開:遺伝子パネル検査から全エクソン解析へ」
西原広史(慶應義塾大学医学部教授 腫瘍センターゲノム医療ユニット長 臨床研究推進センター)
13:40~14:00 「パーソナライズヘルスケアの実践」
石井暢也(中外製薬株式会社 科学技術情報部長)
14:00~14:20 プレシジョン・メディシン(個別化医療)実現に向けて「最先端の「見える化」が拓くバイオヘルスケアの新展開」 (仮題)
藤井清孝(コニカミノルタ株式会社 専務執行役ヘルスケア事業本部長)
14:40~15:00 「肺がんに対する周術期免疫療法」
坪井正博(国立がん研究センター 東病院呼吸器外科科長)
15:00~15:20 「キメラ抗原受容体T細胞療法(CAR-T細胞療法)キムリアの日本における開発と課題」(仮題)
弦巻好恵(ノバルティスファーマ オンコロジー事業本部 細胞・遺伝子治療事業部 CAR-T サプライチェーンマネジメントグループ グループマネージャー)
15:20~15:40 iPS細胞の特性を生かした免疫再生治療
金子新(京都大学iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 准教授)
15:40~16:00 「遺伝子治療を用いたがん免疫療法への取り組み」
木村正伸(タカラバイオ株式会社 取締役 遺伝医療事業部門本部長)
パネルディスカッション
16:20~17:50 「今後のがん医療について」
宮田満(モデレーター 株式会社宮田総研、株式会社ヘルスケアイノベーション 代表取締役)
間野博行、落谷孝弘、石井暢也、藤井清孝、坪井正博、弦巻好恵金子新、木村正伸 
懇親会
18:00~19:30 登壇者と参加者による懇親会

主催

主催:LINK-J
後援:文部科学省、厚生労働省、経済産業省、東京都、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)(※懇親会は後援の対象外)

参加費

LINK-J会員:2000円 / 非会員:5000円
サポーター:0円 / 招待者:0円
【割引コードはお問い合わせください】
学生:無料 ※要当日学生証提示

お問合せ

LINK-Jシンポジウムがん医療のイノベーション事務局
(日本コンベンションサービス株式会社内)
TEL 03-3508-1231(平日9:30-17:30)
FAX 03-3508-1704
MAIL linkj-sympo@convention.co.jp

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop