Menu

イベント

ヘルスケアのエマージングイノベーション & 世界のスタートアップエコシステム:ボーングローバル研究交流会 #4

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

    20200923jBornGlobalTownHallMeeting0917.pdf

第4回イベントは「ヘルスケアのエマージングイノベーション & 世界のスタートアップエコシステム」と題して、北米と日本で活躍する3名のゲストを各40分にわたってインタビューします。

◉最初のゲストはMach49のPaul Hollandさんと英語でインタビュー。Paulさんのこれまでのご活動やからはMach49が提案・実践するDisrupting Inside Outと、Disrupting OutsideInについてお話をお伺いします。
◉二人目のゲストは長年シリコンバレーにてデジタルヘルスに投資経験を持つ清峰さんが最近立ち上げたKicker Venturesについてインタビューするほか、北米のデジタルヘルス市場についてその見識を披露いただきます。
◉そして3人目のゲストは、富士通(株)のFUJITSU ACCELERATOR事務局にて活動されている鈴木さんの3名です。元々事業部門が不得意とするスタートアップとの事業コラボレーションをどのように克服し、進めているかなど、その経験ノウハウをお話いただきます。

これら3人の様々な視点から、CVC投資のあり方、社内新規事業の立ち上げ方、外部ベンチャーとのコラボレーション創出にまつわる経験談をお伺いします。

※プログラムは随時更新されます。申し込みページにて最新情報をご確認ください。


日時

2020年9月23日(水)10:00-12:00

会場

オンライン開催(Zoom Webinarとバーチャル・ラウンジを使用します


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 項目 (プログラムは予告なく随時更新されます)
*9月12日更新
会員・有料参加者用バーチャル・ラウンジ
10:00-10:40

Part I:ボーングローバル研究交流会インタビュー①

Disrupting InsideOut & OutsideIn by Paul Holland, MACH49

12:00-13:00

・テーマ別ワークショップ
・バーチャル・ネットワーキング
・ゲストスピーカーとの面談

10:40-11:20

Part-II:ボーングローバル研究交流会インタビュー②

北米デジタルヘルスのランドスケープ 
清峰正志氏  Kicker Ventures

11:20-12:00

Part-II:ボーングローバル研究交流会インタビュー③

社内アクセラレーターは会社を変えられるか 鈴木智裕氏
FUJITSU ACCELERATOR 富士通

出演者

出演者 プロフィール
ゲストスピーカー①
Paul Holland

Managing Director, Corporate Investment Practice, VC-in-Residence, MACH49

Paul works with global businesses to design, launch and manage CVC Funds that leverage the experience, deal flow, global network, and success of his team of top-tier Silicon Valley VCs. Paul had been a GP at Foundation Capital for 18 yrs. Paul began his career at SRI International.

ゲストスピーカー②
清峰正志
ファウンダー・CEO
Kicker Ventures

Kicker Venturesのファウンダー・CEO。米国を中心にデジタルヘルス/医療機器分野において15年以上のアーリーステージベンチャー投資経験を持ち、NASDAQへの上場やグローバル大手へのM&Aを達成したEXIT案件に多数関わる。「共創を通じた社会的健康の実現」を目指すCo-Studio株式会社の共同設立者でもある。
ゲストスピーカー③
鈴木智裕
FUJITSU ACCELERATOR事務局
富士通


2018
3月よりFUJITSU ACCELERATORに参画。360度画像を使ったインタラクティブなバナー広告“360度バナー広告をオープンイノベーションにて開発し、複写機メーカーであるリコーの広告事業への参入を実現させた実績を持つ。
インタビュアーズ

秦 由佳
産業革新投資機構
ファンド投資担当


国内外のPE/VCのファンド投資に長年携わる。今般、国内のPE/VCのエコシステム醸成のため産業革新投資機構に参画。

浦木史子
三菱ケミカルHD
先端技術・事業開発室
ベンチャーグループ部長

三菱ケミカルHDにおいて、コーポレート・ベンチャー部門の担当責任者。
参加企業には三菱ケミカル、田辺三菱製薬があり、素材からヘルスケア領域までをカバー。

Devang Thakor
President
Anioplex, LLC

Devang provides strategic, technical, and business advisory to startups, multinational corporations, venture capital firms, and universities, enabling them to deploy groundbreaking "deep" technologies. He previously developed gene therapy and regenerative medicine technologies at Harvard Medical School, Kyoto University, and UCLA.
アストリア 沼澤成男 (コーホスト)
チーフ・ストラテジスト
株式会社デンソー 担当部長(兼務)
アストリアのコーポレートベンチャリングアドバイザリー部門長兼チーフストラテジスト。(兼務)デンソー東京支社勤務。デンソーにて、多分野の新規事業創出、グローバルなオープンイノベーションを歴任
総合司会 森本晴久 (主催)
アストリアコンサルティング
マネジングディレクター
BornGlobal Forum (2016-)とAstoria Investor Forum (2001-)の
主催者。政策研究大学院大学 黒川研究室 客員研究員

対象者

大手企業のオープンイノベーション担当者、新規事業開発担当者、R&D担当者、VC、スタートアップ企業、アカデミア、医療関係者など

参加費

先着300名まで無料

参加費 (一般視聴者向けの基本サービス)
ボーングローバル
研究交流会
バーチャル・ラウンジ
一般:シンプルにウェビナーで視聴 無料(定員300名) 対象外
ウェビナー/録画視聴+バーチャルラウンジへのアクセス+FORUM
(ピッチイベント) 参加

一般

2,000円 ← 4,000

協賛・LINK-J会員

1,000円 ← 3,000



今回も、バーチャルラウンジβテストを引き続き試験開催いたします。全ての参加者の皆様に開放いたしますので、是非トライしてみてください。このバーチャルラウンジには、バーチャルのイベントでもセミナー参加者が偶然の出会いを持てる楽しさを知ってもらいたいと言う我々の思いと願いが込められています。まだ、プロトタイプの段階にありますので、利用者からのフィードバックをもとに、より優れたプラットフォームに作り上げて参ります。

ボーングローバル研究交流会では、自社のオープンイノベーション戦略運営で日夜挑戦し続ける大手企業の担当者の皆様や、有限なリソースの下、世界を目指し挑戦するスタートアップの皆様にも喜ばれる内容をこれからドンドン提供して参ります!また、10月からは国内・海外の有望なスタートアップ企業のピッチ機会の提供と、大手企業とのコラボレーション開発機会の場もご用意いたします。ご期待ください。

次回開催日

10月14日、10月28日、11月11日、11月25日、12月9日
(ボーングローバル研究交流会は毎月第2・第4水曜日開催)

主催

主催:Astoria Consulting Group, LLC
協力:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J), Pfizer, J—Startup, BioLite Japan

お問い合わせ先

Astoria Consulting Group, LLC
E-mail: infinity@astoriacg.com

pagetop