Menu

特別会員開催イベント

東京大学ゲノム医科学研究機構2020年度シンポジウムーゲノム医科学のさらなる発展を目指してー

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   東京大学ゲノム医科学機構 2020年度シンポジウム.pdf

本学では、2015年4月に総長室総括委員会の下の全学機構として「東京大学ゲノム医科学研究機構」を立ち上げ、ゲノム科学・医科学・情報科学等の研究者を結集し、ゲノム医科学の研究、教育、人材育成、社会への発信とゲノム医療の実装を目指した活動を展開してきました。これを母体として、新年度より「統合ゲノム医科学情報連携研究機構」を発足させ、さらなる飛躍を目指します。

本シンポジウムでは、各分野の専門家がゲノム医科学の現状、最新の研究等について講演いたします。初学者の方も歓迎いたしますので、ご興味のございます方はぜひご参加ください。


日時

2021年3月 25日 (木)13:30-17:35

会場

Zoomによるオンライン開催


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

時間 内容
13:30-13:50 開会挨拶
宮園浩平 東京大学理事・副学長
渡邉その子 内閣官房 健康・医療戦略室 次長
13:50-14:10 「ゲノム医科学研究機構の活動と今後の展望」
村上善則  機構長・医科学研究所 教授
14:10-14:30 「疾患の克服を実現するゲノム疾患学」
辻省次 国際医療福祉大学 教授
14:30-14:50 「大規模計測技術の発展」
鈴木穣 新領域創成科学研究科 教授
14:50-15:10 「mdx: データ活用, データ科学のための学術情報基盤」
田浦健次朗 情報基盤センター センター長・教授
15:20-15:40 「がんゲノムから見たアジアの胃がん」
石川俊平 医学系研究科 教授
15:40-16:00 タイトル未定
油谷浩幸 先端科学技術研究センター 教授
16:00-16:20 「新たな知によるゲノム医科学」
角田達彦 理学系研究科 教授
16:30-16:50 「スーパーコンピューティングによるゲノム研究の加速とゲノム医療の推進」
井元清哉 医科学研究所 教授
16:50-17:10 「ロングリードによる疾患関連構造異常とセントロメア多様性の解明」
森下真一 新領域創成科学研究科 教授
17:10-17:30 総合討論 :ゲノム医科学の現状と統合ゲノム医科学研究連携研究機構への期待
(司会)菅野純夫 千葉大学 特任教授
17:30-17:35 閉会挨拶
大崎博之 新領域創成科学研究科 研究科長

参加費

無料

定員

なし

主催

東京大学ゲノム医科学研究機構

お問い合わせ先

東京大学ゲノム医科学研究機構 シンポジウム事務局
mgri.utokyo@gmail.com
pagetop