Menu

特別会員開催イベント

第13回 NCGM国際感染症フォーラム

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

 NCGM国際感染症フォーラムは、国立国際医療研究センター(NCGM)*が主催する産官学連携会合です。企業、医療機関および研究機関等が参画し、感染症をはじめとするグローバルヘルスの課題に関する国内外の情報共有、産学官の連携による新興・再興感染症および薬剤耐性菌等国際的に脅威となる感染症に対する診断薬、治療薬、予防薬および検査機器等の開発を推進することを目的としています。

 今回ご案内いたします第13NCGM国際感染症フォーラムでは、東南アジア臨床研究・試験拠点国における新型コロナウイルスパンデミックの経験を基に、国外の講演者と国際支援組織の代表者が、新型コロナウィルス関連の医薬品研究開発について、更には今後の国際共同臨床研究・試験に対する期待や課題について、討論いただく予定でおります。

*国立国際医療研究センター(NCGM: National Center for Global health and Medicine)は、国内6ヶ所の国立高度専門医療研究センターいわゆるナショナルセンターの一つであり、センター病院、国府台病院(千葉県市川市)、研究所、臨床研究センター、国際医療協力局、国立看護大学校(東京都清瀬市)などを有しています。特に、感染症・免疫疾患、糖尿病・代謝疾患などにおける研究や高度総合医療を提供するとともに、医療の分野における国際協力や医療従事者の人材育成を総合的に展開しています。

クリックするとPDFが開きます

13th_iidf_flyer_Japanese_fainal.pdf

日時2021年12月13日(月)15:00-17:40

会場オンライン開催(Zoom)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

お申込み後、配信URLをご登録のメールアドレスにお送りします。
参加申込み締切:2021年12月10日(金)23:59まで

プログラム

15:00-15:05 開催挨拶

  • 國土 典宏 先生(国立国際医療研究センター理事長)

15:05-15:15 基調講演 「日本が目指す国際医療政策」

  • 司会: 森 和彦 先生 (日本製薬工業協会専務理事)
  • 講演者:佐原 康弘 先生(厚生労働省健康局長)

15:15-16:15 指定講演 東南アジア諸国におけるCOVID-19パンデミックの現状と医療現場が求める新たな医薬品や医療機器」

 東南アジア4か国の先生方にCOVID-19パンデミック時における検査及び診療、感染対策、ワクチン接種、臨床研究などの現状から、臨床現場が新たに必要とする医薬品や医療機器、医療技術について、更にはそれらを国際協力により開発導入する際の評価方法や留意点、日本に対する期待に関しても触れていただく予定です。

講演者:

  • ワタナパ・プラシット 先生(タイ/ マヒドン大学シリラート病院医学部学部長)
  • ユスフ・イラワン 先生(インドネシア/ モフタル・リアディ研究所所長)  
  • デラーパズ・クティオンコ・エバ・マリア 先生 (フィリピン/ フィリピン大学マニラ校エグゼクティブディレクター)  
  • ウー・クオック・ダット 先生 (ベトナム / ハノイ医科大学講師)

16:15-16:25 休憩

16:25-:17:35 国際パネルディスカッション 「SARS-CoV-2感染症分野における国際共同臨床研究・試験に対する期待と役割」

 先の東南アジア4か国の先生方に加えてPMDAから、そしてJICAからパネリストをお招きし、当研究センター理事、WHO執行理事、GHIT fund会長・代表理事の中谷比呂樹先生と当研究センター臨床研究センター長の杉浦亙先生座長の下、これからの国際共同臨床研究・試験を計画し円滑に実施するための課題や日本に対する要望点などを明らかにしていただきます。

座長:

  • 杉浦 亙 先生(国立国際医療研究センター臨床研究センターセンター長)

パネリスト:

海外 ▼指定講演の演者4名

国内組織▼

  • 古賀 大輔 先生(医薬品医療機器総合機構国際部企画管理課長/アジア第二課長)
  • 瀧澤 郁雄 先生(国際協力機構新型コロナウィルス感染症対策協力推進室長)
  • 飯山 達雄 先生(国立国際医療研究センター臨床研究センターインターナショナルトライアル部長)

17:35-17:40 閉会挨拶

  • 杉山温人 先生(国立国際医療研究センター病院長)

17:40 終了

参加費

無料 ※ご参加には事前登録が必要です。

主催

主催:国立国際医療研究センター 臨床研究センターインターナショナルトライアル部
共催:日本医療研究開発機構

お問い合わせ先

NCGM国際感染症フォーラム事務局(担当:市川/三浦/塩野谷)
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
臨床研究センター内
TEL:03-6228-0445 FAX:03-6228-0486
e-mail:kansensho-forum@hosp.ncgm.go.jp
https://ccs.ncgm.go.jp/050/060/index.html
開設期間:2021年12月10日(金)17時まで
受付期間:平日10:00-17:00(土日・祝日を除く)
※お問い合わせ内容によっては、ご返答に時間が掛かる場合や、お答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

クリックするとPDFが開きます

13th_iidf_flyer_Japanese_fainal.pdf

日時2021年12月13日(月)15:00-17:40

会場オンライン開催(Zoom)

詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

お申込み後、配信URLをご登録のメールアドレスにお送りします。
参加申込み締切:2021年12月10日(金)23:59まで

pagetop