Menu

イベント

L x T bridge ライフサイエンスxDMM.make AKIBA~人のつながりで革新を~ 

L x T bridgeVol.4 最終.png クリックするとPDFが開きます

AI、ロボティクス、ビッグデータ、5Gなどのニューテクノロジーとライフサイエンス領域との融合によるイノベーション創造への期待が高い昨今、その実現には担い手である両領域のエンジニア、科学者、医師、事業家等の交流・相互理解が必須となってきています。
しかし現状では、両領域における課題やニーズがうまく相互間で交わらない"ギャップ"があるという課題があります。両領域の人と人、組織と組織が交流してこのギャップを埋め、新たなイノベーション創造へのきっかけを作る “ライフサイエンス&DMM.make AKIBA ”ミートアップです!


日時:2019年9月3日(火)18:00-21:00(ツアー17:30-18:00)

会場:DMM.make AKIBA


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

Vol.4 スタンフォード池野先生といく秋葉原ディープテックツアー

時間 内容
17:15 【特別企画】スタンフォード池野先生と行く秋葉原ディープテックツアー集合
集合場所:富士ソフト秋葉原ビル4階集合(※時間厳守でお願いします
17:30~18:00 スタンフォード池野先生と行く秋葉原ディープテックツアー
18:00~18:10 開会挨拶
18:10~18:40 スタンフォード池野文昭先生の講演
(Stanford Biodesign, Stanford University Program Director (U.S) Japan Biodesign
MedVenture Partners取締役)
18:40~19:10 ショートプレゼンテーション
[登壇者]
ダニエル・マグス氏(Bisu, Inc.共同創始者兼CEO)
田中 彩諭理氏(株式会社HERBIO代表取締役)
菊川 裕也氏(株式会社no new folk studio代表)
多田 興平氏(株式会社Piezo Sonic代表取締役)
奥出 えりか氏(しっぽコール代表)
関口 哲平氏(BionicM株式会社経営管理部長)
柳瀬 陽一氏(株式会社wkwk代表取締役)
19:10~19:50 座談会(登壇者およびモデレーター)
[モデレーター]
池野 文昭氏(Stanford Biodesign, Stanford University Program Director (U.S) Japan Biodesign, MedVenture Partners取締役)
本荘 修二(本荘事務所代表、厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議座長)
曽山 明彦(LINK-J理事兼事務局長、厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議構成員) 
19:50~20:50 ネットワーキングレセプション(飲み物、軽食付き)

■特別企画スタンフォード池野先生と行く秋葉原ディープテックツアーにご参加いただく方は、お申込みの上、富士ソフト秋葉原ビル4階に集合してください。
詳しくはチラシをご覧ください。

参加費


会員・サポーターの方は、割引コードが必要となりますので、LINK-Jまでお問合せください。

  • ツアー+イベント参加 500円(LINK-J会員)
  • ツアー+イベント参加 無料(LINK-Jサポーター)
  • ツアー+イベント参加 2000円(非会員)
  • イベント参加 500円(LINK-J会員)
  • イベント参加 無料(LINK-Jサポーター)
  • イベント参加 2000円(非会員)
  • 無料(学生 ※要当日学生証持参)

主催

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
DMM.make AKIBA

協力

厚生労働省

問い合わせ

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
TEL:03-3241-4911(平日9:00~17:00)  
E-mail:contact@link-j.org

Facebook で Share !
Twitter で Share !
pagetop