Menu

イベント

【ウェブ配信】東京大学発スタートアップの最前線-South by Southwest(SXSW)への挑戦-

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
teste72f9bd561799deb77034596a9ff3cbef6a093df.png

クリックするとPDFが開きます

    71ca0664908905eb96b437a446bce8812b3d8981.pdf

視聴はこちら:https://youtu.be/tGk5yDr6-dQ

東京大学発スタートアップの勢いが、ライフサイエンス領域を含め加速しています。 その中でも異彩を放つプロジェクトが、LINK-Jも協賛する「Todai To Texas(TTT)」です。
TTTは、毎年東大関連のスタートアップを世界的なテクノロジーカンファレンスである「South by Southwest(SXSW)」で世界デビューさせています。
本来ならば、先月開催予定のSXSW2020に出展し、その成果を世界に発信する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により出展の機会を失いました。
出展予定のスタートアップのうち今回は4チームが出演し、素晴らしい成果をご紹介いただきます。
また、拡大する東大発スタートアップ創出のエコシステムについて、産学協創推進本部の菅原氏が解説します。ライフサイエンスやテック系のスタートアップを多く生み出す東京大学のスタートアップ創出のヒミツに迫ります。
テクノロジーで変わる未来を共に考えてみませんか。パネルディスカッションでは皆様からのご質問にも答えます!

※事前登録不要です
※ご質問は下記sli.doにご投稿ください。
【sli.do】https://app.sli.do/event/r7snlmwo


日時

2020年4月21日(火)18:00-19:00

会場

オンライン開催


視聴(YouTubeチャンネル)

(外部サイトが開きます)

プログラム

18:00 -     開会・概要説明
18:05 - 18:25 講演「東京大学のスタートアップ創出の取り組み」 菅原 岳人 氏
18:25 - 18:30   「失われた声を取り戻すデバイス」 Syrinx 竹内 雅樹 氏
18:30 - 18:35   「布製ウェアラブル文字入力デバイス」 Wearbo 篠田 和宏 氏
18:35 - 18:40   「IoTデータを用いた原価計算SaaS」 Genkan(㈱KOSKA) 大森 友寛 氏
18:40 - 18:45   「"捨てる""から""育てる""へ アメリカミズアブを用いた次世代食品リサイクル」 Grubin
18:45 - 19:00 登壇者によるパネルディスカッション・Q&A
19:00 -     Wrap up・閉会

登壇者

菅原 岳人 氏 東京大学 産学協創推進本部 イノベーション推進部 ディレクター(インキュベーション / アントレプレナーシップ教育)
竹内 雅樹 氏 Syrinx
篠田 和宏 氏 Wearbo
大森 友寛 氏 Genkan(株式会社KOSCA)
発表者未定  Grubin
下川 俊成 氏 Co-Founder / Organizer of Todai to Texas

参加スタートアップのご紹介

Syrinx [失われた声を取り戻すデバイス]
Syrinxはガンなどで喉頭摘出をして声を失った方が声を取り戻すデバイスです。従来用いられている電気式人工喉頭(EL)と違い、ハンズフリーで人に近い声を出して話すことができるので、患者さんからも良いフィードバックを得ています!

Wearbo [布製ウェアラブル文字入力デバイス]
布製のバンドを腕に巻いて、その上を指でなぞって手書き入力ができるデバイスです。手書き&皮膚感覚フィードバックによって手元が見えなくても入力が可能で、入力速度が必要な時のためにフリック入力もできます。将来的には服の袖やシールになります。

Genkan(株式会社KOSCA) [IoTデータを用いた原価計算SaaS]
IoTセンサを用いて、工場の生産データを取得し、労務費や設備費などの財務データと合わせることで、製造物の原価をリアルタイムで取得しDash boardに原価分析情報を表示します。さらに、分析レポートを生成し毎月レポートの解説を行い経営や現場改善に役立ててもらいます。

Grubin ["捨てる""から""育てる""へ アメリカミズアブを用いた次世代食品リサイクル]
Grubinとは、暮らしの中の食との向き合い方を変えていくプロジェクト。アメリカミズアブの幼虫が持つ、生ゴミを高速で分解しタンパク質へと変える力を活用しこれまでただ捨てていた食後の生ゴミを、次の命を育てる食へと変えていきます。来るべき循環型社会を見据えて。

参加費

無料

主催

LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J(担当:境・今野)
Email:contact@link-j.org

pagetop