Menu

ニュース

100Program 2023 by Todai To Texasの「LINK-J賞」に 「話しかけた内容に動きと⾳声で応答するぬいぐるみ」を選出しました(3/28)

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

2023328日(火)オンラインにて、東京大学 産学協創推進本部(運営: Todai To Texas)が主催する100ProgramDEMO DAYが行われ、審査員賞としてLINK-J賞を「話しかけた内容に動きと⾳声で応答するぬいぐるみ」チームに授与しました。

0328イベレポ用の枠.png

100 Programは、東京大学産学協創推進本部が主催するプロジェクト「Todai To Texas」の運営チームが、2022年から始めたプログラムです。(Todai To Texas(TTT)とは、東京大学発スタートアップを、米国テキサス州オースティンで開催されるイノベーション・カンファレンスSouth by Southwest(SXSW; サウス・バイ・サウスウエスト)へ派遣し、グローバルに挑戦することを支援するプロジェクトです。)

対象者は東京大学に限らず、「何かつくってみたいけど、アイデア・技術・チームがない」という大学生・大学院生に7週間チームでモノづくりに挑むプロジェクトを提供します。

「話しかけた内容に動きと⾳声で応答するぬいぐるみ」はAI技術を駆使して話者と会話し、応答するするコミュニケーションロボットです。現状数十万はする高価なコミュニケーションロボットを数万円という安価で提供できるよう試行錯誤を重ねたプロダクトです。孤立の解消や癒しという点で小児医療から高齢者まで幅広い年代のメンタルヘルスにおける課題解決の一助になることが評価され、今回の受賞となりました。