Menu

イベント

【ウェブ配信】L×T bridge アフターコロナへの挑戦~シリーズ1 起業のエッセンス~ vol.4 事業成長に不可欠なリテラシー

  • twitter
  • Facebook
  • LINE
test0701_LT2.png

新型コロナウイルスのパンデミックを契機に、世界は大きく変貌しつつあります。このような大変革期だからこそ、産官学の様々なライフサイエンスプレイヤーに対して、とりわけスタートアップや新規事業によるイノベーション創造への期待が一層高まっています。 Web Seminar 「アフターコロナへの挑戦」のシリーズ1では、4回にわたって起業のエッセンス編をお届けします。
各回のセッションはLINK-Jが支援するアクセラレーションプログラムZENTECH DOJOを運営しているINDEE Japanの代表の二人をお招きして、ライフサイエンス領域において新しい事業を生み出していくために絶対に外せないポイントを中心にお伝えいたします。
起業を視野に入れている方はもちろん、起業に関心はあるものの具体的なイメージをお持ちでない方、新規事業開発担当の方もぜひご参加ください!

シリーズ1の最終回となる今回は、「事業成長に不可欠なリテラシー」として、事業の成長にとって重要な資金調達や資本政策の考え方や、投資家の属性や実態などについてリアルなお話をお伝えしたいと思います。
特別ゲストとして、日本興業銀行、米国GEを経て日米複数のスタートアップの立ち上げと経営、成功と失敗を経験、ベンチャーキャピタルのパートナーを経て現在、株式会社スケールアウト 共同代表を務める飯野将人氏にもお越しいただきます。

【参加方法】
※本イベントにはZoomウェビナーを使用します。ウェビナーにて参加の方は、セッション中の質疑応答やアンケートにご参加いただけます。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。→ https://startup-4.peatix.com?utm_source=HP

・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

※視聴のみご希望の方は登録不要です。お時間になりましたら下記YouTubeにてご視聴ください。ただし質疑応答やアンケートにはご参加いただけません。
https://youtu.be/I1u8FM22LOw


日時

2020年7月1日(水)16:00-17:00 ※質問が多い場合は10分ほど延長する可能性あり

会場

オンライン


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

プログラム

16:00 - オープニング
16:10 - セッション
     飯野氏、津嶋氏、津田氏、ほか
16:30 - パネルディスカッション
     飯野氏、津嶋氏、津田氏、本荘氏、ほか
17:00 - クロージング ※質問が多い場合には10分ほど延長する可能性があります

参加費

無料(要事前登録)

登壇者

プレゼンター

津嶋 辰郎 氏(INDEE Japan代表取締役マネージングディレクター)
学生時代に鳥人間コンテストのチームを立ち上げ2度の優勝と日本記録樹立を果たす。エンジニアとして創業も含めて複数の研究開発型ベンチャーで過ごした後、大企業を知るためにコンサルティング会社で経験を積む。2011年に"新規事業の特殊部隊"であるINDEE Japanを共同創業。その他、学生向けの起業家育成プログラムの開発・実践、政府機関の技術委員および数社の取締役も務める。

津田 真吾 氏(INDEE Japan代表取締役テクニカルディレクター)
日本IBMの社内ベンチャーであるハードディスクの研究開発に携わり、パソコン黎明期をエンジニアとして過ごす。コンサルティング会社の幹部を務めた後、2011年に"新規事業の特殊部隊"であるINDEE Japanを共同創業。クリステンセン教授の著作『ジョブ理論』の日本語版解説、『「ジョブ理論」完全理解読本』の執筆、ベストセラー『巻き込む力』の翻訳なども手がける。

飯野 将人 氏(株式会社スケールアウト 共同代表)
日本興業銀行、米国GEを経て日米複数のスタートアップの立ち上げと経営、成功と失敗を経験。2003年から2012年までベンチャーキャピタルのパートナーを経て2014年以来「顧客開発モデル」や「リーンスタートアップ」の普及と実践で数々の実績。新規ビジネスの立ち上げプロセスとして確立されたリーンスタートアップを包含しつつ個人や組織の起業マインド・スキルの知行合一と熟達を促す概念「アントレフルネス」を提唱・普及するべく2020年株式会社Scale Outを設立。
東京大学法学部卒。米国ハーバード大学経営大学院修了。早稲田大学客員教授、名古屋大学客員准教授。訳書に、『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『リーン顧客開発』(オライリー・ジャパン)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)等。

モデレーター

本荘 修二 氏(本荘事務所代表 多摩大学MBA客員教授 厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議 座長)
新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。500 Startups他のメンター。BCG東京、米 CSC、CSK/セガ・グループ会長付、米General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。ペンシルベニア大学MBA、早稲田大学博士(学術)。

INDEE Japanについて

イノベーションのジレンマで有名なクリステンセン教授創業のInnosightのパートナーもあり、国内の大手企業数多くのコンサルティング実績を持つ。4年前から日本橋ライフサイエンスビルにおいてエンジェル型のアクセラレーションブログラムであるZENTECH DOJOをスタート。現在研究開発型のスタートアップ約15社を創業期からサポートしており、すでに大手企業にExitした企業も生まれている。シンガポールにも拠点を持つ。

主催

LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J Email:contact@link-j.org

pagetop