Menu

イベント

新春特別企画 スタンフォード大学池野先生と展望する"2021医療のデジタルトランスフォーメーション"~L x T bridgeグローバル編vol.3~

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

新型コロナウイルスのパンデミックを契機に世界は大きく変貌しつつあります。とりわけデジタルトランスフォーメーションは全領域・産業における喫緊の課題であり、また大きなチャンスでもあります。医療の世界は、世界最先端の科学技術により目覚ましい進歩を遂げ続ける一方で、他産業と比べデジタルテクノロジー活用が不十分という課題を抱えています。AI創薬、ゲノム解析・編集・治療、PHR、デジタルヘルスなどの先端領域とともに、製造・品質・物流・マーケティング・営業など基幹プロセスのデジタルトランスフォーメーションに向け様々なイシューが存在します。
そこで、本Webinarでは新春特別企画として、スタンフォード大学池野先生にグローバルな視点から「2021医療のデジタルトランスフォーメーション」について展望していただき、厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議座長の本荘氏とともに議論し、皆様からのご質問にお答えします。危機をチャンスとし、未来を創るための議論が今求められています。


日時

2021年1月26日(火)12:00-13:00

会場

オンライン


参加申込(要事前登録)

(外部サイトが開きます)

参加方法

本イベントにはZoomウェビナーを使用します。ウェビナーにて参加の方は、セッション中の質疑応答やアンケートにご参加いただけます。事前にpeatixにて参加登録をお済ませください。
・参加申込後の視聴ページに視聴用リンク・パスワードを掲載しておりますので、ご確認いただき、視聴時間になりましたら「チケット表示」→「イベントに参加」ボタンよりお入りください。(専用URLとなりますので、他者との共有はお控えください)
ウェビナーの操作方法等はご自身で事前にご確認をお願いいたします。

プログラム

12:00 - オープニング
12:05 - スタンフォード大学池野先生プレゼンテーション
12:30 - 池野先生とモデレーターとの議論、Q&A
12:55 - クロージング
13:00 - 終了    ※質問が多い場合には10分ほど延長する可能性があります

参加費

無料(要事前登録)

登壇者

プレゼンター

池野 文昭氏(Stanford Biodesign, Stanford University Program Director (U.S) Japan Biodesign, MedVenture Partners取締役 )
浜松市出身。医師。自治医科大学卒業後、9年間、僻地医療を含む地域医療に携わり、日本の医療現場の課題、超高齢化地域での医療を体感する。2001年からスタンフォード大学循環器科での研究を開始し、以後、18年間、200社を超える米国医療機器ベンチャーの研究開発、動物実験、臨床試験等に関与する。また、Fox Hollow Technologies, Atheromed, KAI Pharmaceutical, CV Ingenuity等、創業時から関与し、成功したベンチャーも多数ある。ベンチャーのみならず、医療機器大手も含む、同分野での豊富なアドバイザー経験を有し、日米の医療事情に精通している。2013年よりMedVenture Partnersの取締役。

モデレーター

本荘 修二 氏(本荘事務所代表 多摩大学MBA客員教授 厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議 座長)
新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。500 Startups他のメンター。BCG東京、米 CSC、CSK/セガ・グループ会長付、米General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。ペンシルベニア大学MBA、早稲田大学博士(学術)。

曽山明彦 (一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン理事兼事務局長  東北大学客員特任教授 厚生労働省医療系ベンチャー振興推進会議構成員)

主催

LINK-J

お問い合わせ先

LINK-J
Email:contact@link-j.org

pagetop