Menu

特別会員開催イベント

医薬開発におけるAI・デジタル技術シンポジウム"DIA Cutting Edgeシリーズ #1" イノベーション時代の黄金律を求めてー 真のスマートホスピタルにより実現可能な未来とは -

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   21334.pdf

医療ITの進展により大量のデータをを取得・解析できるようになり、RWD(リアルワールドデータ)さらにはRWE(リアルワールドエビデンス)を積極的に活用した”スマートホスピタル”が世界各地で出現しています。

Cutting Edgeシリーズ第4回では、以下の演者をお招きし、国内外のスマートホスピタル実現に向けた実例、スマートホスピタルの実現には不可欠な技術開発の現状と課題について、ご紹介頂きます。真のスマートホスピタルとはどう在るべきか、医療データが社会で活用された先に実現可能な未来とは何か、参加者も交えながら議論を進めていきたいと考えています。

  • RWD/RWE活用技術の発展により期待される、医療従事者の業務負担の軽減や、医療の安全性・利便性の向上
  • RWD/RWEを活用した病院機能評価による、病院機能のアップデート
  • 病院をより広いヘルスエコシステムとつなげることで、患者を中心としたサービスを提供
  • そのヘルスエコシステムの参加者であるヘルスケア事業者が、集積されたRWD/RWEを活用して創薬・育薬へ貢献する可能性

特典:情報交換会への参加
日時:8月27日(金)17:00~19:00
質問やコメントを受付け、演者・参加者・プログラム委員 との情報共有をはかります。本セミナーにお申込みいただいた方は、どなたでもご参加いただけます。奮ってご参加ください!

Virtual出展企業を募集中!
Sponsored Seminar(19:05 ~19:20)にご参加いただく企業様を募集中です。一度に多くの方にリーチし、製品やサービスを直接ご紹介いただけるまたとない機会です。ぜひこの機会にご登録をいただけますと幸いです。


日時

2021年8月26日(木)17:00-19:00 ※情報交換会は、翌日8月27日(金)17:00-19:00に行います。

会場

オンライン(講演会場:日本橋ライフサイエンスビルディング3階会議室)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

プログラム

座長
Ubie株式会社
永見 早耶花

学校法人 日本医科大学
松山 琴音

演者
電子カルテの閲覧ログデータを活用した製薬企業向けソリューションの創生
富士通Japan株式会社 ヘルスケアソリューションビジネス統括部
田中 宏明

スマートホスピタル実現に向けた技術研究の取組み
富士通Japan株式会社 ヘルスケアソリューション開発本部
堀井 俊洋

データ共有が紡ぐスマートホスピタル: 欧米の事例から、日本の実情を振り返る
ヤンセンファーマ株式会社
森谷 隆

「取得可能なデータに対する利活用の検討」から「利活用に必要なデータの取得に対する取得方法の検討」
倉敷中央病院/リアルワールドデータ株式会社
徳増 裕宣

Panel Discussion
本セッションの講演者、並びに

ファイザーR&D合同会社
小笠原 美香

参加費

DIA会員: ¥3,300 (税込)、DIA非会員: ¥5,500 (税込)

定員

定員なし ※みなさまご参加を、心よりお待ちしております!

主催

一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン

お問い合わせ先

一般社団法人 ディー・アイ・エー・ジャパン
TEL:03-6214-0574
FAX:03-3278-1313
Email:Japan@diaglobal.org
pagetop