Menu

特別会員開催イベント

「AI×医療ヘルスケア」シンポジウム

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

クリックするとPDFが開きます

   AI×医療ヘルスケア_チラシ.pdf

近年、AIは医療ヘルスケア分野において、診断、治療の支援、ビッグデータ解析などに活用されるなど、その発展は目覚ましいものがあり、この分野の研究開発において、なくてはならない技術となっています。
米国ではFDAがデジタルヘルス推進のための専門組織を立ち上げ、日本においてもスタートアップの治療アプリが医療機器として承認されるなど、AI活用のインフラが整備され、その成果が生まれつつあります。
このような状況を鑑み、京都大学では昨年に引き続き「AI×医療ヘルスケア」をテーマに、シンポジウムを開催する運びとなりました。
今回のシンポジウムでは、AIを含むデジタルヘルス分野の研究開発・事業を俯瞰すると共に、アカデミア、スタートアップの最新研究開発事例をご紹介いただきます。加えて、本学のデジタルヘルスに関する取り組みについてもご紹介させていただきます。


日時

2021年1月20日(水) 13:00-16:55

会場

Zoomウェビナー(参加URLは、申込みされた方に後日お送りいたします)


詳細・参加申込

(外部サイトが開きます)

申込締切:2021年1月13日(水)

プログラム

時間 内容
13:00~ 開会挨拶
松田秀一 京都大学医学部附属病院 副病院長/次世代医療機器連携拠点整備等事業 拠点長
13:05~

AMED「次世代医療機器連携拠点整備等事業」のご紹介
山口太郎 京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 特定講師

13:15~

医療機器における人工知能(AI)の位置付け
鈴木孝司 公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所 調査研究室 室長・主任研究員

14:05~

臨床医起点の医療機器開発──世界に挑戦する日本の内視鏡AI
多田智裕 医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長/株式会社 AI メディカルサービス 代表取締役 CEO

14:55~

休憩

15:05~

AIを支える医療言語処理とその応用アプリケーション
荒牧英治 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 ソーシャル・コンピューティング研究室 教授

15:55~

デジタルヘルス研究活性化のためのオープンイノベーション機構による取り組み
鈴木忍 京都大学オープンイノベーション機構 プロジェクトクリエイティブ・マネージャー/京都大学大学院 医学研究科「医学領域」産学連携推進機構 特定教授

がん患者に寄り添う医療を目指した「がんヘルスケア」研究の立ち上げ
山口建 京都大学大学院 医学研究科 婦人科学産科学 講師

月経前症候群の診断支援、治療サポートアプリの開発
池田裕美枝 京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康情報学分野 博士課程

16:35~

総括
妙中義之 国立循環器病研究センター 名誉所員/大阪大学国際医工情報センター 特任教授

16:50~

閉会挨拶
渡邉大 京都大学大学院 医学研究科 副研究科長/メディカルイノベーション大学院プログラム プログラムコーディネーター

参加費

無料

主催

【主催】
 京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構
 京都大学医学部附属病院先端医療研究開発機構
【共催】
 京都大学メディカルイノベーション大学院プログラム(卓越大学院)
 京都大学オープンイノベーション機構
 AMED「次世代医療機器連携拠点整備等事業」

お問い合わせ先

イノベーションハブ京都事務局
mail@ihk.med.kyoto-u.ac.jp
pagetop