Menu

SANDBOX

2019年度 SCOOPプロジェクト最終報告

  • twitter
  • Facebook
  • LINE


2019年度SCOOPプロジェクト2チームの最終報告をいたします。

ストップ風疹ワゴンの挑戦最終報告書
旭川フレイルプロジェクト

ストップ風疹ワゴンの挑戦最終報告書

項目 内容
アブストラクト    

風疹が40歳以上の男性を中心に職場で流行しています。私自身、妻の妊娠をきっかけに風疹の怖さをより感じました。

抗体が低いとされる40-60代の働き盛りの男性が、風疹について知識や興味が全くない状態では、休日に医療機関で風疹の抗体検査やワクチン接種を受けていただくことは難しいと感じました。

2020年1月以降の取組・方法    

医療従事者が医療機関の外に出向いて、4つのヘルスアプローチを行いました。

  • 屋台を利用したヘルスコミュニケーション
  • 絵本を利用したヘルスコミュニケーション
  • 企業を利用したヘルスコミュニケーション
  • Jリーグの試合を利用したヘルスコミュニケーション
結果 プロセス  
  • 屋台を利用したヘルスコミュニケーション

オフィス街や企業で風疹啓発のクラフトタグをつけたペットボトルを無料で配布し啓発活動を行いました。

hushin01.jpg

  • 絵本を利用したヘルスコミュニケーション

先天性風疹症候群の患者さんやご両親にインタビューを行いました。そこで聞いたこと、感じたことを参考に絵本を制作し、配布しました。

hushin02.jpg
  • 企業を利用したヘルスコミュニケーション

巡回診療として一般企業の従業員合計33名に麻疹風疹ワクチン集団接種を行いました。

hushin03.jpg
  • Jリーグの試合を利用したヘルスコミュニケーション

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とコラボして、2020年2月8日FUJI XEROX SUPERCUP 2020で5万人の観客を対象に風疹啓発を行い、89名に風疹の抗体検査を無料で行いました。hushin04.jpg

全体考察・提言   

企業を利用したヘルスコミュニケーションでは、理解のある経営者がいる企業では、従業員に抗体検査やワクチン接種をしやすい傾向がわかりました。

医療従事者による地域志向型のヘルスアプローチは重要だと考えられます。

旭川フレイルプロジェクト

項目 内容
アブストラクト     "カフェ形式で⾃由に⽣活のことを話し合う場=フレイルカフェ"を開催し、地域の⽅々へのフレイル概念普及を⽬指した。イベント周知の⾯で困難はあったが、開催場所であるコーヒ ーショップでのポップ掲⽰や、イベント告知の新聞掲載によりターゲットである地域⾼齢者だけでなく、そのご家族にも参加いただけた。運営する⼤学⽣が参加者に向けてフレイルの説明をし、その概念を地域の⽅々に知っていただくことができた。それだけでなく、カフ ェでの対話が⾃分の⽣活を振り返ることになり、カフェへの参加⾃体が"外に出るきっかけになった"など社会的フレイルの予防に資することが⽰唆された。これらフレイル予防活動に取り組む学⽣⾃⾝の学びを研究としてまとめ、⽇本サルコペニアフレイル学会において「医学⽣が主体となり取り組むフレイル予防プロジェクトの運営」として報告をし、また新型コロナウイルス感染拡⼤影響によりイベント開催が困難となって以降は、"コミュニティFM を通じたフレイル予防"として形を変えてフレイル予防に取り組んだ。
2020年1月以降の取組・方法     ・ 1/25 第4回フレイルカフェをスターバックスコーヒー旭川東光店で開催。16 名が参加
・ 3/14 第5回フレイルカフェを緑が丘地域活動センターグリンパルで開催予定であったが、コロナウイルス感染拡⼤の影響を受け、開催延期とした(現在に⾄るまで開催不可)
・ 4/23 「感染拡⼤の影響による⾃粛⽣活により⽣活不活発が進み、⾼齢者のフレイルが進むリスクがあるという⽇本⽼年医学会」からの提⾔を受け、旭川市のローカルラジオ局「FM りべーる」にて、『みんなの歌声喫茶』を放送開始。毎週⽊曜⽇ 14:30 から 30分間の番組中で、歌唱や健康情報の提供により、フレイル対策を呼び掛けた。
結果 プロセス  

・ フレイルカフェについては、"フレイルクイズ"といった新たな試みを取り⼊れることにより、参加者の関⼼を⾼め、また活発な交流を⽣み出すことができた。
・ 第4回まではスターバックスコーヒー旭川東光店での開催であったが、事業の⼀般化可能性を考慮し、それまでの事業で培ってきた経験を以て地域の住⺠センターでの開催を検討した(開催には⾄らなかったため未検証となった)。
・ ラジオ事業については、イベント開催など⼈を集める事業が困難な中での⽅策として実施した。不慣れなことであったが、メンバーでの役割分担と情報共有を徹底し、またラジオ局側からの協⼒も得て、毎週の放送を⾏うことができた。感染拡⼤防⽌策を徹底した上で事業を⾏ったが、その際は⼤学側からの協⼒も得た。
・ ラジオ事業は成果を測る直接的な指標(聴取率など)が無いため、事業評価が困難であ ったが、テレビ局(NHK)に加えて新聞社3社と各⼾配布のフリーペーパーで記事掲載されたことが周知につながり、番組宛に8通のおたよりをいただいているなど、⼀定の聴取が得られていると考える。
・ かつてない状況下、医学⽣が地域のために動くことで、"⾃粛⽣活におけるフレイル予防の重要性"というメッセージを発信できたことに活動の意義はあると考える。

全体考察・提言    スターバックスコーヒー旭川東光店の助けを得て、フレイルカフェという⼀つの事業形
態を作り上げることができ、その中での交流が⽣活の⼀助になれるという可能性が⾒えた。⾃由で意義ある交流を作るには情報提供やファシリテーションだけでなく、場所や飲⾷など含めた雰囲気づくりが重要であると実感した。
広報⽅法として、店舗⼊り⼝のコミュニティコネクションボードと Facebook を⽤いた⽅法だけでなく、地域の活動拠点となる施設へのポスターの掲⽰、スターバックスコーヒー店頭でのフライヤーの配布を⾏い、地域の⾼齢者の⽅などに参加してもらうことができ、⽬的とする対象層へのアプローチ⽅法という広報⼿段についての成果が得られた。
カフェについては⼀定の成果が得られたが、スターバックスコーヒー旭川東光店という限定的な条件での実施に留まっているため、より広く事業⽅法の有効性を⽰していくには、他施設での開催など更なる検討が必要であるという課題が残った。
年度が明けてからは、新型コロナウイルス感染拡⼤という状況を受けて、その中で実施できることとしてラジオ放送という未知の分野に挑戦した。メディア等の協⼒を得て、地域における⼀定の知名度を獲得し、継続して事業を⾏うことができたが、そのような事業を実施するためにメンバーがそれぞれの強みを⽣かして事業に取り組めたこと⾃体が各⼈にとっての学びの機会となった。
遡って、2019 年 11 ⽉には⽇本サルコペニアフレイル学会において「医学⽣が主体となり取り組むフレイル予防プロジェクトの運営」というテーマでの⼝頭発表を⾏った。その場において、これまでプロジェクトが取り組んできた成果を基に、設⽴の効果として"概念の普及など直接的な効果とともに、フレイル予防に携わる医療者の育成という間接的な効果により、地域におけるフレイルの普及啓発や予防推進に寄与したことが⽰唆された"と述べたが、これは現在に⾄るまで⼀貫しており、地域と向き合い、状況に応じて事業を考案し取り組むことが、座学では得られない"課題発⾒・解決⼒"の獲得につながったと考える。
pagetop